寝られない 朝起きれない

寝られない、朝起きれないストレスが改善され快適な毎日を

眠たいのになかなか寝れない、
夜中に何度も起きてしまう、
朝スッキリ起きれない、
眠りが浅く昼間が眠い、というような悩みをあなたはもっていませんか?

 

睡眠に悩みがあると、昼間にぼぅーとしたり昼間が眠くなり、快適な毎日を過ごせなくなってしまいますよね。

 

朝スッキリと起きるためには、夜に質のいい睡眠を確保することが必要です。

 

生活習慣を改善しようとしても仕事や家族の生活パターンでなかなかうまくいかないというあなたに、一度サプリメントの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

睡眠サプリメントといわれるものは、睡眠の質を高めるサポートをしてくれる健康補助食品です。

 

毎日の食事から、質のいい睡眠ができる栄養素を摂れればいいですが、なかなか難しいものです。

 

睡眠薬のように即効性はありませんが、
なかなか寝れない、
朝スッキリ起きたいという「睡眠にストレスを感じる」「不眠を解消したい」「睡眠の質を上げたい」
というあなたの体質改善に影響をあたえてくれるのが睡眠サプリメントです。

 

ただし、あくまで睡眠サプリメントは健康補助食品、毎日の食事をサポートする食品でですので、自分に合った睡眠サプリメントを利用するようにしてください。

 

睡眠サプリメントを購入する時に大切なことは、睡眠薬ではないので、効果が感じられるまでに日数ががかかります。

 

睡眠薬ではないので即効性のあるものではなく、サプリメントによっては数ヶ月続けることによって効果が感じるものもありますす。

 

長期的に購入しやすい価格のものを選びましょう。定期購買すると比較的安く購入できるサプリメントも多いですので上手に利用しましょう。

 

大切なのは、ストレスのない睡眠ができる心身にすることです。

 

できることなら、快眠のためにあなたの生活習慣を見直し、就寝時間や起きる時間か一定になるようにしたり、日中の運動を心がけたり、と質の高い睡眠が得られる、生活習慣や食生活を変えていきましょう。

寝られない朝起きれないあなたにおすすめの健康食品は

不眠症、睡眠障害でお悩みの方に質のよい睡眠をサポートするドリンク
特徴的な成分として
クワンソウ:沖縄に自生しているハーブで、精神を落ち着かせ、よく眠れる効果があります。ノニ(モリンダ):脳の松果体を刺激し、セロトニンやメラトニンの分泌を助けてくれます。GABA(ギャバ):交感神経を抑制する伝達物質です。リラックス作用があります。レスベラトロール:脳への血流量を増やし、栄養を運びやすくしてくれます。

北海道産アスパラガス抽出物質のスティックに入ったドリンクタイプ
主成分として
酵素処理アスパラガス抽出物を主成分酵素処理アスパラガス抽出物、ギャバ、ホップエキス、クワンソウエキス、テアニン

L-テアニンで機能性表示食品として認められたサプリメントL-テアニンで機能性表示食品として認められたサプリメント
成分として
赤ちゃんに安らぎを与える効果があるとされる ミルクペプチド特許成分のラクティウム…2700mg配合、他に
テアニン…6300mg配合、緑茶にも含まれるアミノ酸の一種、リラックス効果が期待。グリシン…7380mg配合、牛筋や豚足などの動物性コラーゲンに多く含まれ休息サプリとして利用。 トリプトファン…3060mg配合、セロトニンやメラトニンの材料となるもの。ラフマ…1800mg配合、中国発祥のハーブでノンカフェインでリラックスしたい時に飲むお茶。カモミール…2700mg配合。心を落ち着かせ、リラックス効果があるハーブ。GABA…3060mg配合、アミノ酸として有名。

寝れない・・・不安ですよね、寝る方法

寝ようと思ったら目が冴えて、将来のことや人間関係や仕事のことが気になり眠れなくなってしまったことがあると思います。

 

心配事や考え事をして不安に思ってしまう、ストレスが眠れない原因になってい場合が多いです。

 

夜パソコンやスマホを操作しているとブルーライトで目が冴えて眠れなくなる、明日は大事なイベントがあるので緊張して寝られない、子供が明日は遠足だから寝られない、のように具体的に寝られない原因の場合もあります。

 

緊張や興奮はリラックスして静まることで多少の改善ができますが、不安な気持ちというのは簡単に取り除くことがむつかしく、不安が続いて眠れなくなってしまいます。

 

人は自律神経の交感神経と副交感神経がバランスをとりあっています。

 

どちらかが活性化している時は、もう一方は活動が低下します。
一日の生活の中で自律神経がバランスよく働いているかで、眠れるか眠れないかに関わってきます。

 

朝起きてから日中の時間帯は交感神経を活動させる、夕方から寝る時間帯は副交感神経を活動させるように毎日心掛けましょう。
夜に寝ようと思っても寝られない、身体が疲れているはずなのに頭が冴えて眠れないというのは、交感神経が活動しているからです。
イライラしているときや不安なとき、ドキドキしているときなどは交感神経が活動しているときです。
副交感神経が活動している時は、リラックスして心穏やか、心が落ち着いた状況のときで、寝ているときもあてはまります。

 

 

寝ようとしている時に寝る方法として、呼吸を意識することを案内します。

 

緊張したり慌てていたりすると、「まずは深呼吸をして・・・」とよく言われます。
まずは、気持ちを落ち着かせることです。

 

寝てしまっていい状態で、まずは大きく吸って、そして『呼吸を吐く』ということを意識します。
そうそると副交感神経が働くようになります。

 

体で意識するところはお腹の中心、おへその下あたり、息を吐くときはお腹をへこまし、息を吸う時はお腹を膨らます・・・力を入れず自然に鼻で呼吸し、呼吸に合わせてお腹を上でします。

 

お腹の中心を意識し、自然にゆっくりと呼吸をしていると、徐々に落ち着いてきて眠っているでしょう。